年々急増の「糖尿病」

糖尿病患者とその予備軍は2000万人と推定され、その数は年々急増しています。これには食生活を含めた生活習慣の悪化が要因となっています。糖尿病はさまざまな合併症を引き起こす病気として非常に恐れられています。予備軍が糖尿病患者になる前に、生活習慣を見直して、踏みとどまることがとても重要なのです。

インスリンの分泌の低下

糖尿病とは、血糖値(血液中のブドウ糖濃度) の維持に重要な働きをするホルモンであるインスリンの分泌に異常が起こり、血糖値が病的に高まる病気です。
さまざまな合併症をきたす危険がある病気でもあります。一定以上の高血糖では、尿中にもブドウ糖が漏出し、尿が甘くなるため、糖尿病と名づけられました。糖尿病とひと言で言っても、実はいくつかのタイプに分かれます。

Ⅰ型糖尿病
膵臓のβ細胞というインスリンを作る細胞が破壊され、体の中のインスリンの量が絶対的に少なくなって起こります。子供のうちに始まることが多く、以前は小児糖尿病、またはインスリン依存型糖尿病と呼ばれていました。
Ⅱ型糖尿病
インスリンの出る量が少なくなって起こるものと、肝臓や筋肉などの細胞がインスリン作用をあまり感じなくなる(インスリンの働きが悪い) ために、ブドウ糖がうまく取り入れられなくなって起こるものがあります。食事や運動などの生活習慣が関係している場合が多く、わが国の糖尿病患者の大半 がこのタイプです。
遺伝子の異常や他の病気が原因となるもの
遺伝子の異常や肝臓および膵臓の病気、感染症、免疫の異常などほかの病気が原因となって、糖尿病が引き起こされます。薬剤が原因となる場合もあります。
妊娠糖尿病
妊娠中に発見された糖尿病。新生児に合併症が出ることもあります。

深刻な合併症が問題

どのタイプの糖尿病であれ、インスリンの働きが異常をきたすことで起こる病気ですが、インスリンにはとても重要な働きがあります。まず、ブドウ糖が細胞膜を通過する際の通用門を開ける役割をします。
そして肝臓でのグリコーゲンの製造・貯蔵を助け、必要以上に糖が血中に出ないよう肝臓でのグリコーゲンからのブドウ糖の分解を抑えます。そしてタンパク質をアミノ酸に分解して肝臓に蓄え、必要に応じて体中の細胞へ送る働きを調節します。
ほかにも肝臓中に脂肪が溜まらないようにしたり、皮下脂肪を蓄えた脂肪細胞が脂肪を蓄えすぎて破れやすくなるのを防ぐなど、インスリンは糖代謝に関して大変重要な働きをしているのです。
インスリンが不足したり、働きが悪くなると、肝臓でのグリコーゲンの製造がストップし、血中にブドウ糖が流れ出します。血液のブドウ糖濃度が高くなると、ブドウ糖吸収のため腎臓に大きな負担がかかります。
この状態が続くと、腎臓はブドウ糖を完全に吸収できなくなり、尿中にブドウ糖が流れ出てしまいます。ブドウ糖が余ってくると肝臓で脂肪が作られ、皮下に脂肪細胞として蓄えられます。
これがいわゆる肥満です。しかし、インスリンが不足したり、働きが悪くなると、脂肪細胞が破れやすくなり、脂肪類が血中に流れ出てしまい、逆に痩せていきます。さらに血中に流れた脂肪により血流が悪くなり、高血圧症や恐ろしい動脈硬化などを引き起こすのです。この状態が進むと合併症へと進展してしまいます。
糖尿病の三大合併症と呼ばれているのは網膜症、腎症、神経障害で、これらは毛細血管の病変から始まります。また、糖尿病によって起こる急性合併症として糖尿病性昏睡と急性感染症がありますが、これらは意識障害をきたし、多くの臓器障害まで併発する可能性を含んでおり、生命予後に関わる重篤な病態です。
糖尿病の判定に使われるHbAⅠC(ヘモグロビンA1C、またはグリコヘモグロビン)値とは、過去1~2ヶ月前の平均的な血糖状態を反映しており、正常値は4.3~5.8%あり6.5% 以上で糖尿病と判定されます。

高麗紅参の多彩な作用が効果を発揮

糖尿病治療の目標は

  1. 良好な血糖コントロール状態を維持する
  2. 合併症の発症・進展を阻止する
  3. 生活の質の維持

にあります。
そのためには血圧、体重、血清脂質の適正化およびさまざまな自覚症状の治療も大変重要となってきます。
高麗紅参は、糖尿病治療の主役になるものではありませんが、多彩な作用を持っており糖尿病治療を側面から支援する働きが期待されます。
高麗紅参の糖尿病への作用についてはさまざまな実験が行われ、たとえば、高麗紅参に含まれる水溶性のピログルタミン酸や酸性ペプチドにインスリン様の働きがあること、血糖、稔コレステロール、中性脂肪などを低下させることなどがわかっています。その他に、末梢循環改善、抗動脈硬化、中枢神経に対する作用、向精神作用、腎臓への作用などにより、全身状態のレベルアップを図り、糖尿病に対し周辺から改善していく作用があります。2 塑糖尿病に対する有効性は多くの実験によって明らかにされていますが、Ⅰ型糖尿病に対しても、高麗紅参を1日10g以上の多量摂取で効果を発揮した例もあります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください