痛みのストレスと不安が大きい「腰痛」

日本で、腰痛に悩む人は約1200万人とも言われ、年代別では50~80歳で60%以上にもなります。しかし、腰痛を予防することは、たとえば糖尿病や高血圧などの生活習慣病や風邪などを予防するのとは異なり独特の難しさがあります。

筋肉の緊張>>>コリ>>>血流悪化などがが原因

腰痛には筋肉由来の緊張性腰痛(筋筋膜性腰痛) と鈍い痛みを伴う慢性の腰痛とがあります。
緊張性腰痛とは長時間、同じ姿勢を続けるなど、過度なストレスを強いられると、常に交感神経が優勢になり、他の筋肉が緊張します。
すると、壊れたバランスを調整しょうと腰の筋肉の負担が大きくなり、腰痛が発生するのです。
ぎっくり腰は腰の筋肉が急激に緊張した時に起こる急性の痛みです。腰痛の主な病名とその症状および原因については以下のとおりですが、筋肉の緊張以外の原因としては、椎間板ヘルニアなど椎間板に由来するものや、変形性腰椎症のような骨の変形等により、神経を刺激して痛みが発生するものがあります。腰痛の予防のために、日常的に心がけたいのは次のことです。

 
症状
原因
ぎっくり腰 急性腰痛症とも呼ばれ、「グキッ」とい腰が強烈な激痛と、時間の経過る場合がある。、いきなり衝撃とともに強烈な激痛におわれる場合と時間の経過ととに痛みが増す場合とがある。 急に姿勢を変えたときや長時間腰の姿勢を続けたとき、重い荷を急に持ち上げたり、十分な準備なしで運動したときに起きる。腰の一種の捻挫。
椎間板ヘルニア 臀部から足にかけ片側に強烈な激痛やしびれがある。
両側に出ることもある。座骨神経が引き起こされる。重度の場合、排尿障害があ起こることもある。
中腰で重い物を持ち運んだり、または腰を強くひねったり長時間の座り仕事をしたり、椎間板および骨の老化または、姿勢の悪さから来る背骨・骨盤のゆがみ、ズレなどが原因で椎間板が飛び出し神経を圧迫。
腰部脊柱管狭窄症 しばらく歩くとだんだん下肢がしびれたり重くなったり痛みが出て歩けなくなるが、少し休むとまた歩ける。前かがみになると楽になる。 脊柱管が正常より狭く成長しり、すべり症や椎間板ヘルニなどによる合併狭窄、加齢にる狭窄などで神経を圧迫。
腰椎分離症・分離すべり症 長時間の立ち仕事や同じ姿勢を続けたり重労働の後に腰の痛みが強くなる。鋭く重い痛みで身体を後ろに反らせると痛みが強くなる。お尻や大の痛みや足のしびれが出る場合も。すべりが強くなると腰部脊柱管狭窄症もでる。 腰椎分離症は、腰椎の関節を構成している付近の骨が切れてしまって状態でほとんどは、子供の頃にスポーツなどを繰り返し、負担がかかったため疲労骨折といわれる。また、腰椎の分離で腰椎がすべってしまう。
変形性腰椎症 姿勢が悪くなり形があっても痛題なし。変形があっても痛みが特になければ問題はない。 加齢に伴い椎間板の厚みがり、骨の変形が始まって骨出っ張り ができて神経を刺激する。
  1. 重いものを持ち上げる時は、膝を折って腰を低くして背筋を伸ばし、体(脊椎) に近づけて持ち上げる
  2. お尻が沈み込む柔らかいベッドを避け、膝の下に座布団などを入れて下肢を曲げて眠る
  3. 長時間のあぐらや下肢を伸ばして座る姿勢を避ける
  4. 立ち仕事の時は片方の足を半歩前に出して10~20の台に乗せる
  5. 適度な運動

自律神経を安定させ緊張をときほぐす高麗紅参の作用

高麗紅参は自律神経の交感神経と副交感神経のバランスを調節する作用があり、交感神経の異常な興奮を抑える働きがあります。
そのことで、交感神経の鎮静化でより緊張した筋肉を和らげる作用が考えられます。また、高麗紅参には血流を改善する作用があり、急性期を過ぎた患部を温めて回復を促進します。日常生活の中でできうる予防策を講じつつ、毎日、高麗紅参を服用することで、気持ちまで重くしていた腰痛の辛さを少しでも軽くしましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください