ストレス増加による「不眠」

政府が行った調査によると、睡眠に関して悩みを抱えている人は、19.6%と、日本人の5人に1人が睡眠の悩みを持っていることが確認されちます。
中でも、「朝起きても、熟睡感がない」「朝早く目覚めてしまう」「夜中に何度も目が覚める」などの悩みが多く、加齢とともに不眠にまつわる悩みが増えていくことも明らかになりました。不眠は、24時間型の社会になったことストレlスの増大により、現代病のひとつとして特徴的になっています。
われています。大きく不調を招く前に、睡眠に関する正しい知識を持ち、自分の睡眠を
見直すことが大切です。
この機会に爽やかな朝と心地よい夜(快眠のために)などを見ると自分に当てはまる項目がないか調べてみるといいでしょう。

原因は身近にあり、放置するとうつ病などの引き金になることも

不眠の原因はとても身近なところに潜んでいます。「最近、よく眠れない」と感じたら、原因を探り、早めの対策を講じます。

  1. 身体的要因
  2. 腰痛などの痛みや、足のかゆみ、ひどい咳、頻尿などが原因になって起こる不眠。最近よく耳にする「睡眠時無呼吸症候群」もこれに当たります。

  3. 環境
  4. 族行先での時差などによる環境の変化や、騒音や明るさなどの影響によるもの。

  5. ストレス
  6. 悩みやイライラといった精神的ストレスが原因で起こる不眠。「眠らなければ」という焦りで逆に眠れなくなるケースもあります。

  7. 心の病気
  8. うつ病や神経症などの精神疾患による不眠。

  9. 薬の覚醒作用
  10. 薬の副作用やカフェイン、ニコチン、アルコールの摂取が原因で起こる不眠。

また不眠の症状もさまざまで、主に次の4つのタイプに分けられます。

  1. 人眠障害
  2. なかなか寝付けず、布団に入ってから寝付くまで1時間以上かかる。

  3. 熟眠障害
  4. 睡眠時間は十分なのに、目覚めがスッキリしない。

  5. 中途覚醒
  6. 夜中に何度も目が覚めてしまい、
    一度目が覚めるとなかなか寝付けない。

  7. 早朝覚醒
  8. 起きるべき時間よりも早く日が覚めてしまい、再び眠ろうとしてもなかなか眠れない。

睡眠は心身の健康と密接な関係があります。そのため、不眠になると、頭痛やめまい、肩こり、腰痛などの身体的不調だけでなく、意欲低下、イライラする、憂鬱になるなど精神にも大きな影響を与えます。
また、物忘れがひどくなる、判断力が低下するなど生活面への悪影響も出てきます。
不眠は放置しておくと、免疫力が低下し、大きな痛気を招いたり、うつ病などの精神疾患の要因になる場合もあるので、早めの対処がとても大切なのです。
かといって、間違った対処はさらなる状態の悪化を招く恐れがあるので注意が必要です。「寝る前にお酒を飲むとよく眠れる」と思っている人も多いようですが、これは間違いです。確かに、アルコールは入眠を促す作用はありますが、睡眠の後半では眠りを浅くしてしまいます。
また利尿作用によって夜中にトイレに起きるなどして、睡眠を妨げる要因にもなります。また、睡眠薬も使い方には慎重さが求められます。たとえば、睡眠薬常用者が、急に服用を止めると、使用前より強い不眠症が現れることがあります。

高麗紅参の作用

高麗紅参は、不眠にも効果的な作用を及ぼします。高麗紅参に含まれるサポニンは、ホルモンバランスを整え、精神や神経を鎮静化します。
それによってストレスへの抵抗力が高まり、悩みやイライラで眠れない時も、気持ちを穏やかにしてくれます。さらに自律神経の副交感神経を刺激し、よりよい眠りへと導いてくれます。
つまり、高麗紅参には不眠を根本から改善する効果が期待できるのです。また、自律神経の働きが改善されることにより、夜中に何度もトイレに起きることもなくなり、しっかりと眠れるようになります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください